Windows Liveメール2012からの移行承ります

突然ではございますが、Windows Liveメール2012、来年初頭にサポート終了とマイクロソフト社のサイトにて告知されております。

多くのお客様が現在もご愛用になられるメールソフトです。なのに、なんで後継ソフトも出さずに。御不満はごもっともと存じます。かねてよりマイクロソフト社はメールプラットフォームをOutlook.comに集約する戦略をとってきており、Windows8.1の「メール」アプリも、Windows10の「メール」も、Outlook.comに接続して使用することを前提とした仕様となっております。

このOutlook.comにおいて、Windows Liveメール2012のサポートがこの6月に終了しており、レガシーをスパッと切る、いつもながらの唯我独尊の同社のスタンスには失笑を禁じえませんが、そんなことを言ってばかりもいられません。

サポート切れにともなう移行先としては、Officeをご利用中の方はOutlookが現実的であると存じます。パソコンの初期設定では、こちらをご案内申し上げます。また、Windows8.1とWindows10をご利用の方には、メールの送受信に若干のディレイがある可能性ありますがとお断りしたうえで、標準装備の「メール」アプリをご案内させていただきます。

 

それ以外の選択肢としては、ウェブメールのご利用と、特にお客様のご希望があれば他のメールクライアントの利用についてご案内させていただきます。

 

いずれにせよ、メール環境の移行に伴う設定とデータのエクスポート/インポート作業が必要となりますので、その作業につきまして、弊方の定額制出張サポートにて対応させていただいております。よろしければご利用下さい。

 

なお、来年2017年4月にはWindows Vistaもサポート終了となりますので、Vistaご利用の方はそろそろ、移行プランの検討を始められることをお奨めいたします。こちらの内容も、もちろん、定額制でご相談承っております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です