Windows LiveメールとOutlook.comの接続ができない件への対応

すでにお知らせさせていただいたように、Windows Liveメールは来年初頭2017年1月10日にサポートを終了すると発表されています。

セキュリティホールが見つかっても、改修しません、ということです。基本的には。マルウェアの感染経路として、メールの比率は依然高いといえます。添付ファイル付きを示すクリップマークがついた、見知らぬ人からのメールが毎日のように来る、そういう方は少なくないと存じます。「請求書について」、とか、目を通したくなるような、開けざるをえないようなタイトルが選ばれていたりで、なかなか敵も巧妙です。

メールの移行は、ちょっと面倒ですが、WindowsLiveメールをお使いの方は、かならず期日までに対処が必要だとお考えください。弊方にても、通常の定額サービスにて対応を承っております。

ところで、マイクロソフトアカウントを取得した際に新しいメールアドレス取得した、という方。最初のうちはWindows Liveメールから読めていたのに、という事例が少なくありません。マイクロソフト社のメールプラットフォームOutlook.comは、Windows Liveメールからの接続ができない、という状況でお困りではありませんか。

サポート切れが発表される前までは、異なる設定方法へ移行する「作戦」を採用しておりましたが、サポート切れが近いということもあり、メールクライアントならOutlook2013、Windows10のメールアプリへの移行をご提案させていただいております。Windows Liveメールを放棄する、というようにも見えますが、サポート切れに対する配慮ですので、ご了解ください。

また、Outlook.comのスパムメール対策は厳重というか、セキュリティ強度が強すぎて、例えばYahooメールなどのようなフリーメールから送信したメールが受信できずにバウンスされる場合もありますので、あらかじめご了承下さい。対策手法は公開されておりますが、それで解決できない事例もあります。Outlook.comは更新に遅延が発生することもあり、弊方では積極的にこのサービスの活用をお奨めすることはございません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です