WindowsXPからのパソコン引越サポート承ります

WindowsXPが来年2014年4月9日でサポート期限切れとなること、ここ数日テレビのニュースでも取り上げられ、さらに当のマイクロソフト社からも登録ユーザに告知メールが発送されていることからも、多くの皆様がこの件を御記憶にとどめられておられると思います。

サポート切れ当日にXPが突然動かなくなる、といったことではないのですが、新たに発見されるセキュリティーホールを解決するための更新分が作成されなくなるので、インターネットに接続して使う限り、おそらく急速に危険なものとなってしまうでしょう。インターネットに接続せずに、御家庭内で例えばワープロのかわりにお使いの場合、それほど深刻な危険には繋がらないと考えることもできます。ただし、外部からUSBメモリで文書を持ってくるなど、外部と接点がある限り、やはり危険は存在しうるということになります。

さらに、現在XPが稼働中のパソコンでは、その多くが性能的にWindows8に移行が難しい、以前の世代のものと考えられます。となれば、Windows8パッケージを買ってきてOSだけ入れ替えるわけにはゆかず、パソコンごと買い替えになってしまいます。いくらパソコンが低価格化したといっても、5万円からの出費は、痛いですね。

そこに加えて、パソコンを買うときには、必ずと言っていいほど、色々なオプションを勧められるものだから、あまり安い買い物になりません。例えばノートパソコンの場合、通常はWordやExcelのオフィス製品は標準装備され、これまでMicrosoft Security Essentialsと呼ばれたウイルス対策ソフトは、Defenderという名前でWindows8に組み込まれているので、オプションはいらないと言ってほぼ間違いない。ご心配なら、ねっと猫の手、量販店への御同行サービスをご利用下さい。でも、延長サポートは必ず加入しておきましょう。メーカー保証は1年だけ、延長保証で4年~5年となります。マザーボードの故障だと3万円以上取られることもあるので、販売価格の5%程度の料金なら払っておくのが賢明です。

そして、パソコンのお引越しです。XP機のデータやメール設定などを新しいWindows8機に移します。ここが、本日ご紹介する、ねっと猫の手、パソコン引越しサポートです。料金は、いつもの税込8400円です。アプリケーションソフト類はWindows8機でもう一度インストールする必要がありますが、データでは互換性が確保されていることが多いので、例えば、年賀状ソフトの住所録のようなものは、適切な移行作業を行うことで、Windows8で再利用することができます。

パソコンの引越しは作業量が少なくないこともあり、定額でこれを承るサービスは、お客様にとってお値打ちものであることは間違いありません。さらに、Windows8の初期設定作業もここに含めていただいて結構ですので。これはすごい。自分で言うのもなんですが。

この機会に、ぜひ、ねっと猫の手、パソコンお引越しサポートをご活用下さい。

パソコンサポート、ねっと猫の手、10年目へ向けて

毎度ご利用いただき、ありがとうございます。

おかげさまで、ねっと猫の手は、2012年10月23日で創業9年となります。月日のたつのも速いもの。WindowsXPが最新だった時代から、今やWindowsVista, Windows7の時代を経て, Windows8も26日に発売となり、WindowsXPのほうはというと、再来年の4月にサポート終了となり実質的に退役を迎える。ずいぶんと遠くまで来てしまったかなあと感慨一入です。

あ、かんがいひとしお、って漢字でこう書くのですね、いま初めて知りました。

さて、10年目を迎えて、何かするのか。これまで毎年、何もして来なかった。ならば今年も同じでいいか、というと、そんなこともない。何しろ、パソコンの時代は本当に終わりつつあって、スマホやタブレットや、その他の多様なデバイスの時代へと怒涛のようになだれ込んでいる。それを実感しております。かくいう私も、LTEスマホにしてからというもの、あまりパソコンを使わなく、、、なんてことをパソコン屋が口を滑らして言いかけるような時代なのですから。

それでも、今日も駅前にて量販店のパソコン売り場を覘いてみれば、それなりにお客さんで賑わっている。他のフロアが谷間の時期で苦戦中に見える、その時においても。確かに、Windows8がもうすぐ発売となるタイミングで、今は、実は最高の「買い」のタイミングであるわけです。なにしろ、千円程度でWindows8にアップグレードする権利は買うことができるし、買ったばかりのパソコンにとってWindows8化は別にリスクのある話でもなくて、自分でもできる範囲だし、結局ねっと猫の手に頼んだって8千円でカタがつくわけだし。店頭では投げ売り状態のはずだから、目が合ったら値引き交渉、話がはずんだらさらに値切る、最後にもう一発大きく値切る。ええい、もってけドロンジョ様、って店員さんを泣かせたとしても、不良在庫を抱えとくよりは店としても売り切っちゃったほうがいいでしょう。

ということで、パソコンの時代は終わりましたが、まだまだパソコンは売れてるようです。よかったよかった。ということで、10年目の最初に何をやるか、という話でした。従量制を導入します。プランは形になってますが、サイトがまだできてません。近々、特定の地域に限定して、別ブランドによるテストマーケティングから走らせる予定です。うまく行きそうなら、全地域で展開しようと思います。が、主役は定額制の現サービスであること、これは軸をぶれさせません。