Windows Live メール2012 本日サポート終了にて

Windows Essentials / Windows Live メール 2012をご利用の方が多いと思います。

使っていても、今現在まで、本日にてサポート終了と表示されるわけでもないから、そもそもサポート終了なんてものが存在することすら、ご存じない。大多数のWindowsユーザ様の姿と思います。告知しない方に問題がある。

でも、サポート切れとなると、これまで以上にマルウエアの標的になりやすいことは間違いありませんので、一日も早く、できるだけ速く、後継ソフトやサービスに乗り換える必要があります。

昨年もまだ秋の早い時期に移行された方には、Windows Liveメール2012からOutlook.comへのデータ移行機能が提供されておりました。だけど、今は無い。ダウンロードできないというより、Outlook.comが刷新されて、その機能が使えなくなっている。この状況を受け、弊「ねっと猫の手」では下記2つの選択肢を推奨し、出張サポートにて適宜どちらかの方法を採用することとさせていただいております。

① Outlook.com / ストアアプリ「メール」 への移行

② Office Outlook への移行

メールデータは、Office Outlookであればエクスポート/インポートできるのですが、前述のように、Windows10などに標準装備されるメールアプリではこれができません。メールアカウントはいずれにせよ一から設定することになりますので、プロバイダから過去に送付されている設定情報のお知らせをご用意いただくこととなります。メールサーバにメールのコピーを残す設定をされていた場合、残っているメールが(見かけ上)メールアプリに取り込まれる形となります。

弊方ではオープンソースのThunderbirdも試しておりますが、利用方法があまりに異なるために、パソコン出張サポートサービスのお客様にはこれを今回お奨めしておりません。ただ、Officeがインストールされていないパソコンで、過去のメールを保持したたまたお使いになりたいという切実な要求がある場合にのみ、ご案内をさせていたくことがあります。その際には、操作方法の習得など、お客様にてお願い申し上げることとなります。

ビジネス用途でお使いのお客様には、Office Outlookの方のご利用をお奨めいたしております。2つの方法どちらでも複数メールアカウントを利用できますが、メールアプリで5件を超えるメールアカウントを設定するような用途では、Windows Liveメール2012では考えられないような極端に使いにくいものとなってしまう可能性があるので、注意が必要です。

さらに、Yahoo!Japanのメールアドレスをお使いの場合、より安定した設定方法をとらないと、同期の失敗を繰り返し、Yahooアカウントの設定が最新ではありません、とのメッセージのトースト通知が延々と繰り返されることになります。その場合には、弊方にご相談下さい。(有料サポートとなります。)

なお、Office Outlook 2007につきましては、本年2017年10月10日にサポート切れを迎えますので、このバージョンへの移行はお奨めしておりません。