Windows10化は慎重に

商売がら、7月29日のWindows10リリース当日、Windows7Proデスクトップ機とノート機をそれぞれ、Windows10Proへとアップグレードいたしました。

新しいものに、まんまと釣られた形です。大人のやることじゃないです。他にも稼働中のパソコンがあるから、というセーフティーネットというか言い訳があればこそ。ネットバンキングなんて、使わせていただいている金融機関様が軒並みWindows10まだあかんと告知されていて、もう、詰んでます。けど、強引に使ってみれば、新ブラウザEdgeだろうと、大方動いてくれる。だけど、ごくごく細部で稀に起こる問題に限って、致命的だったりする。だから、Windows10化は、慎重に。しばし様子見をお勧めします。

アップグレード予約済なら、WindowsUpdateでの更新通知をお待ちのことと存じます。でも、予約のキャンセルも可能です。アップグレード阻止の方法も公開されています。1カ月以内なら元に戻すこともできます。心配なら回復ドライブを作っておく方法も紹介されておりますので。

まだまだ情報が不足している状況ですからね。待つ、待たされる、ということは、トラフィックの集中を避ける、という表の目的だけじゃない。あなたのリスク、泣く泣くサポートを頼む料金負担の軽減、そういう裏のメリットもあると思います。急いでいた弊方は、マイクロソフト社のサイトから直接ダウンロードしてアップグレードしましたけど、これは拙速です。自己責任ですね。リスキーです。まさに、人柱、っていうやつ。

データも設定も以前のまま使えているために、違和感がありません。でも、こんなにすんなり行くケースばかりではないでしょう。やはり、データをバックアップしておくこと、最悪の場合に備えてリカバリ手段を確保しておくこと、これは必須だと思います。

ボタン一つでリカバリできる機種でも、リカバリDVDは作成しておいたほうがさらに安心です。買ったときにOfficeがプリインストールされていた機種なら、パッケージも探し出して手元に置いておきましょう。

互換性は高いようですが、プリインストールされていたDVDの再生ソフトは起動不能になりました。これは予想どおり。一方、WindowsLiveメール2012やOffice2013/2007はそのまま稼働。嬉しいことにレガシーなマクロもテストした範囲では正常動作。さらに意外や意外、旧いAdobe Illustratorもちゃんと使える。FireFox、さらにTeraPadやFFFTPといったフリーソフトのツールも、今のところ問題無いように見えます。

で、さきほど、「人に勧められるか」という質問がアクションセンター経由で表示されたのです。5段階の5という最高点を衝動的につけて回答してしまいました。これはお世辞ですので。今は、お勧めしません。しつこいようですが。Windows10利用のノウハウがユーザ層に蓄積されてくるまで、待ったほうがいい。無償アップグレード期間は一年もあるのですから。

※有償サポートということなら、弊方はじめ、同業各社さん準備万端でしょうね。ただ、アプリが全部移行できるとは限らないこと、お客様にあらかじめよくご理解いただくことが必要だと思います。あと、美麗にデザインされたブルースクリーンが突然表示されてドキッとすることが時々ありますけど、これは仕様です、と、予告しといたほうがいいかも。

弊方サブ機(Windows8.1)の場合、更新の履歴を表示させると、「Windows10Proにアップグレード」という項目が、「2015/07/XXにインストールできませんでした」という結果を付されて、延々と並んでいる。一日に何度も。ダウンロード待ちは数週間の可能性もあるということです。

ちなみに、ハードディスクの容量が足りない場合、他のドライブを指定するよう聞いて来るので、端から全然駄目、ってことにはなりにくい親切設計。でも、そんな杜撰な状態で着手せず、どうせやるというのなら、動作条件を全部クリアしてから、アップグレードされることを強くお勧め申し上げます。