安価なサーバと激安SSL証明書に感謝する昨今

結論から申し上げましょう。

さくらインターネットの独自SSL(SNI SSL)のサービス開始により、檄安SSL証明書(例えば年額900円のKingSSL)を組み合わせれば、年額8千円(ドメイン費用含む)ぐらいから独自ドメインSSLサイトを運用できるようになった、その実証実験を行いました、という話です。

そのキモは、安価なサーバーが、激安SSL証明書を使わせてくれるか、この一点に尽きます。

今回、こちらで実験したのは、KingSSLの他に、RapidSSL(年額2000円、だけどこの記事を書いている次の日から倍額に値上げされる)。今のところ、どちらも稼働している。多忙にてコンテンツをまだろくに作っていないところは目をつぶっていただきたいが、ここと、ここ。前者がRapidSSL、後者がKingSSLだ。

HTTPで来たらHTTPSにする、なんてのをhtaccessで指定しようとすると、ループしてるとか怒られるので、制約もそれなりにあるのかもしれないが、とりあえず、SSLサイトとして最低限の機能は実現できることがわかった。これ、結構、役に立つ情報だと思ってくれる人がいるかもね、そういう判断にて、ここにアップさせていただきました。