2014年4月問題をこうして乗り切ります

え、そんな問題、聞いたことないって?

そうですか。そうでしょう。私が今勝手にそう呼んでいるだけだから。

だけど4月9日にWindowsXPがサポート切れとなること、そして4月1日には消費税率が改定されること。これでアップアップしている方はこの業界には多いはず。※実際には2014年問題として、この他にも、北陸新幹線金沢開業後の問題造船業の世界的受注減の問題が知られています。

WindowsXPからWindows7やら8やら8.1にお買い換え下さい、っといっても世はポストPC時代。期待された特需の波に乗れずにパソコン製造をやめますという会社様まで出て来る始末。パソコンを売らずにパソコンのサービスで商う人々としても、はて、2014年4月9日以降はWindowsXPをサポートメニューから外していいものかどうか、悩ましいところです。

それでも、WindowsXPについては品質保証はできませんよ、そう明言しておくべきなのでしょうね。現在のWindows98の扱いを考えれば、そうなるはず。ただ、来夏、2015年7月中旬まではMicrosoft Security EssentialsのテンプレートもWindowsXP用が用意されると伝えられるので、サポートそのものはお引き受けしてゆこうかと考えております。よほど深刻なセキュリティホールが放置されることにならない限り。

さて、ここからが本題です。

すでに世は値上げのラッシュ。それに便乗というわけではございません、決して。ただ、電車やバスの料金も上がれば、コストは増える。これは事実。それに一昨日届いた、さくらインターネットのサーバ料金、3月31日支払い分の請求、その金額まで一円単位で上がっててびっくり。やむを得ません。迷ったふりをするのも潔くありませんね。弊「ねっと猫の手」サービスも、AKB48を卒業しますっ、じゃなかった、税率改定に応じた料金改定をさせていただきます。

2014年4月1日より料金は8640円(税込)となります。

これまでも料金を変える(単調増加ですが)たびに順調にお客様を減らしてまいりました。今回もどうなることやら。とても心配です。