社会の要請に応えます、てきぱきと

東日本大震災の被災者支援に微力ながらお役立ていただこうと、売上げの一部を義援金とさせていただくこと、お知らせさせていただいたとおりです。

当初、日本赤十字社の口座振込みの有効期限が9月30日だったので、弊方もその前日を期限としておりましたが、日本赤十字社のほうでも来年3月31日まで期間延長されたのを受け、ねっと猫の手の取り組みもその前日、3月30日まで延長させていただきます。

パソコンサポートというささやかな商売から貢献できるボリュームは本当に微々たるもので、恐縮してしまいます。このこともあり、これまではトップページの初っ端に義援金の件を掲示しておりましたが、今回改め、むしろ省エネなど、新しい社会の要請にてきぱきと応えてゆく、そういう姿勢の表明に置き換えることにしました。

本当は、パソコンサポートという商売でも、もっと色々なことができます。例えば、湘南地域はネットスーパー各社のサービスが完備され普及してきておりますが、一番必要であるはずのお年寄り層は、やはりパソコンを使うというところに壁があります。最初のレッスン、申し込みと設定、トラブル時の対応と組み合わせることで、生活のこの部分はとても楽になるでしょう。

しかしその本命はパソコンでもなければスマホでもなく、きっとタブレットでしょう。来年後半発売とされるWindows8が突破口を開くような気がしてなりません。

ネットスーパーの側でも介護食品をレパートリーに加えていただくなど改善はお願いしたいのですが、シニア層は獲得できれば最高のお客様のはずです。

などなど、ただ単にパソコンの故障を治すだけでなく、こういったニーズを機敏に感じ取って商売として開拓してゆくことで、売り上げ増にも繋がるし、社会にも貢献できる。義援金のボリュームがしょぼいなんて情けないこと言わなくてよくなりますね。

ということで、ねっと猫の手は、社会のお役に立てることならなんでもやります。その商売として出来る範囲で。パソコン利用の方面で何かご不便がありましたら、是非教えて下さい。力の及ぶ範囲で貢献させていただきたいと存じます。