Windows Live メール2012 本日サポート終了にて

Windows Essentials / Windows Live メール 2012をご利用の方が多いと思います。

使っていても、今現在まで、本日にてサポート終了と表示されるわけでもないから、そもそもサポート終了なんてものが存在することすら、ご存じない。大多数のWindowsユーザ様の姿と思います。告知しない方に問題がある。

でも、サポート切れとなると、これまで以上にマルウエアの標的になりやすいことは間違いありませんので、一日も早く、できるだけ速く、後継ソフトやサービスに乗り換える必要があります。

昨年もまだ秋の早い時期に移行された方には、Windows Liveメール2012からOutlook.comへのデータ移行機能が提供されておりました。だけど、今は無い。ダウンロードできないというより、Outlook.comが刷新されて、その機能が使えなくなっている。この状況を受け、弊「ねっと猫の手」では下記2つの選択肢を推奨し、出張サポートにて適宜どちらかの方法を採用することとさせていただいております。

① Outlook.com / ストアアプリ「メール」 への移行

② Office Outlook への移行

メールデータは、Office Outlookであればエクスポート/インポートできるのですが、前述のように、Windows10などに標準装備されるメールアプリではこれができません。メールアカウントはいずれにせよ一から設定することになりますので、プロバイダから過去に送付されている設定情報のお知らせをご用意いただくこととなります。メールサーバにメールのコピーを残す設定をされていた場合、残っているメールが(見かけ上)メールアプリに取り込まれる形となります。

弊方ではオープンソースのThunderbirdも試しておりますが、利用方法があまりに異なるために、パソコン出張サポートサービスのお客様にはこれを今回お奨めしておりません。ただ、Officeがインストールされていないパソコンで、過去のメールを保持したたまたお使いになりたいという切実な要求がある場合にのみ、ご案内をさせていたくことがあります。その際には、操作方法の習得など、お客様にてお願い申し上げることとなります。

ビジネス用途でお使いのお客様には、Office Outlookの方のご利用をお奨めいたしております。2つの方法どちらでも複数メールアカウントを利用できますが、メールアプリで5件を超えるメールアカウントを設定するような用途では、Windows Liveメール2012では考えられないような極端に使いにくいものとなってしまう可能性があるので、注意が必要です。

さらに、Yahoo!Japanのメールアドレスをお使いの場合、より安定した設定方法をとらないと、同期の失敗を繰り返し、Yahooアカウントの設定が最新ではありません、とのメッセージのトースト通知が延々と繰り返されることになります。その場合には、弊方にご相談下さい。(有料サポートとなります。)

なお、Office Outlook 2007につきましては、本年2017年10月10日にサポート切れを迎えますので、このバージョンへの移行はお奨めしておりません。

 

 

年末年始の営業時間など

2016年も皆様には大変お世話になりました。ありがとうございます。心より御礼申し上げます。

パソコン出張サポートという商売を始めて、はや14年目となります。昨今は第三次人工知能ブームということで、こういうテクニカルサポート系のサービスも自動化の波をかぶる可能性少なからずということになると思います。

そこで、サービス事業者としての2017年の目標。自動化の到底及ばぬような、人間ならではのハイタッチで高付加価値のサービスはどのようなものか、よ~く考えて徐々に実現する絵図をかくこと。ラフスケッチでもいいから形にできたらいいなと考えます。

また、すごく長くやってるIT技術者としての2017年の決意。自動化できるものは自分で自動化すること。チャレンジを続けてゆきたいと考えております。

前置きが長くなりましたが、2016年の年末と2017年の年始の営業は、例年と同じです。大晦日とお正月三が日だけお休みをいただきます。あとは、通常営業。

代わり映えしないオチで御免なさい。

では、皆様、ちょっと早いけど、よいお年を!!!!!

 

 

 

Windows LiveメールとOutlook.comの接続ができない件への対応

すでにお知らせさせていただいたように、Windows Liveメールは来年初頭2017年1月10日にサポートを終了すると発表されています。

セキュリティホールが見つかっても、改修しません、ということです。基本的には。マルウェアの感染経路として、メールの比率は依然高いといえます。添付ファイル付きを示すクリップマークがついた、見知らぬ人からのメールが毎日のように来る、そういう方は少なくないと存じます。「請求書について」、とか、目を通したくなるような、開けざるをえないようなタイトルが選ばれていたりで、なかなか敵も巧妙です。

メールの移行は、ちょっと面倒ですが、WindowsLiveメールをお使いの方は、かならず期日までに対処が必要だとお考えください。弊方にても、通常の定額サービスにて対応を承っております。

ところで、マイクロソフトアカウントを取得した際に新しいメールアドレス取得した、という方。最初のうちはWindows Liveメールから読めていたのに、という事例が少なくありません。マイクロソフト社のメールプラットフォームOutlook.comは、Windows Liveメールからの接続ができない、という状況でお困りではありませんか。

サポート切れが発表される前までは、異なる設定方法へ移行する「作戦」を採用しておりましたが、サポート切れが近いということもあり、メールクライアントならOutlook2013、Windows10のメールアプリへの移行をご提案させていただいております。Windows Liveメールを放棄する、というようにも見えますが、サポート切れに対する配慮ですので、ご了解ください。

また、Outlook.comのスパムメール対策は厳重というか、セキュリティ強度が強すぎて、例えばYahooメールなどのようなフリーメールから送信したメールが受信できずにバウンスされる場合もありますので、あらかじめご了承下さい。対策手法は公開されておりますが、それで解決できない事例もあります。Outlook.comは更新に遅延が発生することもあり、弊方では積極的にこのサービスの活用をお奨めすることはございません。

 

Edgeでネットショッピングできない問題は解決しましたか?

9月末からEdgeでYahooショッピングを使うと、カートに入れた瞬間にエラー発生する問題ですが、昨日(10/6)公開されたWindowsUpdateによる更新(KB3197356)にて解決されております。約1週間のお待たせとなりました。

※リンク先のマイクロソフト社告知は機械翻訳文のようで、意味不明ですが悪しからず。

ブラウザ変えればいいじゃん的な軽微な問題はまだいいのですが、更新が止まるなどの深刻な問題のほうは、依然未解決との記事もご参考まで。

今回のこともありますが、ブラウザの問題を解決するのにネット検索を必要とする、なんて状況に至ってから、他のブラウザをインストールしてないことに気づいて愕然とされませんよう、今のうちにFireFoxとかChromeあたりインストールされることを強くお勧め申し上げます。

 

Edgeで「カートに入れる」と「このページを表示できません」となる件

10月になったので冬物をYahoo!のショップで買おうかなと思って「カートに入れる」をクリックすると、あら不思議、「このページを表示できません」と表示されてしまいます。

そういうあなたのパソコンはWindows10。最新状態に更新しておいでなので、Anniversary Update版。そしてEdgeをご利用でしょう。心配になって、弊「ねっと猫の手」に相談されたとしましょう。そこでこちらからご案内する内容は、ちょっとびっくりぽんな内容かもしれません。

この問題は、WindowsUpdateの最新の更新(KB3194496)の数多の障害の一つと考えられます。とりあえずEdgeの「更新」ボタンをクリックすれば、カートに商品は入っているはず。削除をクリックしたなら、削除は実行されているはず。ご確認下さい。これが気持ち悪いとおっしゃるなら、Edgeから起動できるInternet Explorer11をご利用下さい。

この更新プログラムをアンインストールすると現象は解消しますけど、すぐにまた更新されてしまうでしょうね。それに、マイクロソフト社も早急に対策プログラムを提供開始すると思われるますし。ここは、待つ、というのが最良の選択であるように思われます。

ということで、この件に関しては、出張サポートをご提案させていただくことはございませんので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。